かかとのリペア

かかと靴の問題としてかかとがすり減ってしまうことはよくあります。普通に歩いているだけでもどんどんすり減っていき、なくなってしまうのです。ヒールの部分は最後部の外側からどんどん減っていくことが多いでしょう。もしもとの高さから1cm程度減ってしまったならば、それは交換をするべき時期となります。そのまま放置してしまうと歩き方にまで影響してしまうのです。

ただし、修理に出すことによってかかとのすり減った部分を直してもらうことができます。かかとの部分は交換してしまうことができます。ヒール全体を交換することが可能なのです。その際にはできるだけ元の素材や色に揃えるように努力してくれるでしょう。そのため、最適な状態に修理をしてもらうことができて、その靴は修理をしてもらったものだと判別ができなくなります。それぐらいきれいに修理してもらうことができるのです。

あるいはかかとの部分を補修材によって補強するというケースもあります。交換するほどではない摩耗の場合にはこちらの対応をしてもらうことになるでしょう。また、女性の靴の場合は同様にヒールを交換してもらうことができます。新しいものにしてもらうことによって、靴の高さをもとに戻すことができるのです。少しでも違和感を感じたならば、すぐに交換してもらいましょう。

 

その他のリペア

靴の修理ではかかと以外にもさまざまな問題を解決してくれるでしょう。たとえば靴に金具がついてることがあります。これが壊れてしまったり、外れてしまうことがあるでしょう。こちらについては、業者に頼めば金具を交換してくれたり、取り付け直しをしてもらうことができます。ただし、金具にブランドネームが入っている場合は、交換する際に汎用金具が使われることになるため、この点は了承しましょう。

ファスナーファスナーがついている靴の場合は、そのファスナーが開閉できなくなってしまうことがあります。この場合は元の色に近いファスナーに交換してもらうことができるでしょう。スライダーの部分だけを交換してもらうことも可能です。

靴の中敷きが破れてしまったり、汚れてしまったというケースがあります。中敷きが張り付けられているタイプの靴もあるのですが、業者に頼めば張り替えてもらうことができます。靴の中敷きが汚れていると恥ずかしい思いをしてしまうでしょう。常にキレイにしておくべきです。

他にも細かなトラブルをしっかりと業者は対応してくれるでしょう。ちょっとしたことであっても、気になる部分があるならば気軽に業者に相談をしましょう。そうすれば、すぐにリペアをしてくれます。